第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

 シンポジウム

更新日 2017年3月22日

※シンポジウム=S
=English Speaker / Session

4/20(木)

4/21(金)

4/22(土)

シンポジウム1

日時: 2017年4月20日 (木) 9:30 - 12:00

会場: 第1会場 「サンパレス 大ホール」

S1

リウマチ性疾患の新規標的分子と臨床応用

座長
竹内  勤(Takeuchi Tsutomu) 慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
熊ノ郷 淳(Kumanogoh Atsushi) 大阪大学大学院 医学系研究科 呼吸器免疫内科学講座
演者
S1-1 新規治療標的~RANKLを標的とするモノクローナル抗体denosumabの有効性と安全性~
竹内  勤(Takeuchi Tsutomu)慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
S1-2 新規炎症マーカーLRGのRA疾患活動性における臨床的意義
仲  哲治(Naka Tetsuji)高知大学医学部 次世代医療創造センター
S1-3 関節リウマチと腸内細菌
竹田  潔(Takeda Kiyoshi)他 大阪大学大学院医学系研究科 免疫制御学
S1-4 リウマチ活動性に相関のある糖鎖変化を検出できるマルチレクチンアッセイ
久野  敦(Kuno Atsushi)他 国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門
S1-5 ケモカイン阻害によるリウマチ性疾患治療
南木 敏宏(Nanki Toshihiro)東邦大学医学部 内科学講座膠原病学分野(医療センター大森病院)
S1-6 JAK阻害剤のリウマチ性疾患治療における現状と展望
田中 良哉(Tanaka Yoshiya)産業医科大学医学部 第一内科学講座

Symposium 2

Date: April 20, 2017 9:30 - 12:00

Venue:Room1「SUNPALACE Room」

S2

State of the Art in Sarcopenia, Frailty and Locomotive Syndrome

Chair
Sakae Tanaka Department of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, the University of Tokyo
Hidenori Arai National Center for Geriatrics and Gerontology
Speaker
S2-1 Sarcopenia in Asia: consensus report of the Asian Working Group for Sarcopenia
Liang-Kung Chen et al. Aging and Health Research Center, National Yang Ming University/Center for Geriatrics and Gerontology, Taipei Veterans General Hospital
S2-2 Frailty and sarcopenia: 2017 update
Hidenori Arai National Center for Geriatrics and Georontology
S2-3 Epidemiology of the locomotive syndrome: 2017 update
Noriko Yoshimura et al. Department of Joint Disease Research, 22nd Century Medical and Research Center, The University of Tokyo
S2-4 Sarcopenia in rheumatoid arthritis patients
Motomu Hashimoto Department of the Control for Rheumatic Diseases, Kyoto University
S2-5 Cachexia and Rheumatoid Arthritis
Jochen Springer Innovative Clinical Trials Unit, Department of cardiology and Pneumology, University Medical Center Göttingen, Göttingen, Germany

シンポジウム3

日時: 2017年4月20日 (木) 9:30 - 12:00

会場: 第5会場 福岡国際会議場「201+202」

S3

難治性膠原病病態に対する診断と治療戦略

座長
藤井 隆夫(Fujii Takao) 和歌山県立医科大学医学部 リウマチ・膠原病科学講座
石井 智徳(Ishii Tomonori) 東北大学病院 臨床研究推進センター
演者
S3-1 強皮症における新しい治療戦略
田中 住明(Tanaka Sumiaki)他 北里大学医学部 膠原病感染内科学
S3-2 難治性血管炎における新しい治療戦略
駒形 嘉紀(Komagata Yoshinori)杏林大学医学部第一内科
S3-3 特殊型ベーチェット病の現状と新しい治療戦略
桐野 洋平(Kirino Yohei)横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学
S3-4 全身性エリテマトーデスにおける神経障害の診断と治療の進歩
野澤 和久(Nozawa Kazuhisa)順天堂大学医学部 膠原病内科
S3-5 ループス腎炎における新しい治療戦略
廣村 桂樹(Hiromura Keiju)群馬大学大学院医学系研究科 腎臓・リウマチ内科学
S3-6 全身性エリテマトーデスにおける新規治療薬の開発戦略
石井 智徳(Ishii Tomonori)東北大学病院 臨床研究推進センター

シンポジウム4

日時: 2017年4月20日 (木) 9:30 - 12:00

会場: 第6会場 「福岡国際会議場 203+204」

S4

膠原病に伴う間質性肺疾患の病型分類と治療

座長
槇野 茂樹(Makino Shigeki) 大阪医科大学附属病院 内科学(Ⅳ)
佐藤 慎二(Sato Shinji) 東海大学医学部 内科学系リウマチ内科学
演者
S4-1 オーバービュー
槇野 茂樹(Makino Shigeki)大阪医科大学附属病院 内科学(Ⅳ)
S4-2 顕微鏡的多発血管炎に伴う間質性肺炎
有村 義宏(Arimura Yoshihiro)杏林大学医学部 第一内科学 腎臓・リウマチ膠原病内科
S4-3 関節リウマチに伴う間質性肺炎
槇野 茂樹(Makino Shigeki)大阪医科大学附属病院 内科学(Ⅳ)
S4-4 強皮症に伴う間質性肺疾患
桑名 正隆(Kuwana Masataka)日本医科大学 アレルギー膠原病内科
S4-5 抗ARS抗体陽性筋炎に伴う間質性肺炎
中嶋  蘭(Nakashima Ran)京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学
S4-6 抗MDA5抗体陽性筋炎に伴う間質性肺炎
佐藤 慎二(Sato Shinji)東海大学医学部 内科学系リウマチ内科学

シンポジウム5

日時: 2017年4月20日 (木) 14:40 - 16:40

会場: 第1会場 「サンパレス 大ホール」

S5

IgG4関連疾患 up to date

座長
高橋 裕樹(Takahashi Hiroki) 札幌医科大学医学部免疫・リウマチ内科学
梅原 久範(Umehara Hisanori) 市立長浜病院 リウマチ膠原病内科
演者
S5-1 頭頸部領域におけるIgG4関連疾患の新知見
山本 元久(Yamamoto Motohisa)他 札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学
S5-2 IgG4関連腎臓病 up to date
佐伯 敬子(Saeki Takako)長岡赤十字病院 内科
S5-3 IgG4関連呼吸器疾患と鑑別診断
松井 祥子(Matsui Shoko)富山大学保健管理センター
S5-4 IgG4関連腎症・血管炎・後腹膜線維症
水島伊知郎(Mizushima Ichiro)他 金沢大学附属病院 リウマチ・膠原病内科
S5-5 IgG4関連疾患の病因と自然免疫
渡邉 智裕(Watanabe Tomohiro)近畿大学医学部 消化器内科
S5-6 IgG4関連疾患診断の日米の取り組み
梅原 久範(Umehara Hisanori)他 市立長浜病院 リウマチ膠原病内科

シンポジウム6

日時: 2017年4月20日 (木) 14:40 - 16:40

会場: 第5会場 「福岡国際会議場 201+202」

S6

脊椎・関節の痛みを科学する

座長
田口 敏彦(Taguchi Toshihiko) 山口大学大学院医学系研究科 整形外科学
桃原 茂樹(Momohara Shigeki) 医療法人社団 博恵会/慶應義塾大学整形外科
演者
S6-1 脊椎疾患に伴う神経由来の痛み
関口 美穂(Sekiguchi Miho)福島県立医科大学医学部 整形外科学講座
S6-2 椎間板の痛み
宮城 正行(Miyagi Masayuki)他 北里大学医学部 整形外科
S6-3 椎間関節の痛み:特に椎間関節性腰痛について
寒竹  司(Kanchiku Tsukasa)他 山口大学大学院医学系研究科 整形外科
S6-4 筋・筋膜性の痛みの神経・筋肉機構について
水村 和枝(Mizumura Kazue)他 中部大学 生命健康科学部理学療法学科
S6-5 関節の痛み
園畑 素樹(Sonohata Motoki)他 佐賀大学医学部 整形外科
S6-6 骨粗鬆症に伴う疼痛発生のメカニズム
射場 浩介(Iba Kousuke)他 札幌医科大学医学部 整形外科

シンポジウム7

日時: 2017年4月20日 (木) 14:40 - 16:40

会場: 第6会場 「福岡国際会議場 203+204」

S7

男女共同参画委員会企画シンポジウム 「上司と部下でつくるリウマチ医ワークライフバランス」

座長
河野  肇(Kono Hajime) 帝京大学
宮前多佳子(Miyamae Takako) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター

1.オープニングリマーク
大隈由加里(Okuma Yukari)内閣府男女共同参画局推進課長
2.講演

演者
S7-1 1)
中嶋  蘭(Nakashima Ran)京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学
三森 経世(Mimori Tsuneyo)京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学
2)
林原 雅子(Hayashibara Masako)鳥取大学整形外科
萩野  浩(Hagino Hiroshi)鳥取大学整形外科
3)
籏智さおり(Hatachi Saori)北野病院内科
八木田正人(Yagita Masato)北野病院内科
4)
前澤 玲華(Maezawa Reika)獨協医科大学
花岡 亮輔(Hanaoka Ryosuke)上都賀総合病院
3.他学会の取り組み
S7-2 医師のワークライフバランス維持に必要なものは何か
-日本外科学会アンケートから見えてきたもの-

川瀬 和美(Kawase Kazumi)東京慈恵会医科大学外科学講座
S7-3 日本腎臓学会のとりくみ 〜男女共同参画からキャリア支援へ〜
内田 啓子(Uchida Keiko)東京女子医科大学腎臓内科

シンポジウム8

Date: April 21, 2017 8:45 - 11:15

Venue:Room1 「SUNPALACE Main Hall」

S8

自己抗体の病因的意義と臨床的意義

座長
桑名 正隆(Kuwana Masataka) 日本医科大学 アレルギー膠原病内科
渥美 達也(Atsumi Tatsuya) 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学分野
演者
S8-1 Pathogenic roles of ACPA in RA
Lars Klareskog Karolinska Institute, Sweden
S8-2 全身性強皮症における機能的自己抗体
川口 鎮司(Kawaguchi Yasushi)東京女子医科大学 リウマチ科
S8-3 全身性エリテマトーデスの中枢神経症状と関連する自己抗体とその臨床的・病因的意義
藤井 隆夫(Fujii Takao)他 和歌山県立医科大学医学部 リウマチ・膠原病科学講座
S8-4 筋炎特異的自己抗体は病原性を有するか?
五野 貴久(Gono Takahisa)日本医科大学 アレルギー膠原病内科
S8-5 抗好中球細胞質抗体(ANCA)と好中球細胞外トラップ(NETs)
石津 明洋(Ishizu Akihiro)北海道大学大学院保健科学研究院 病態解析学分野
S8-6 自己抗体が引き起こす血栓・出血性疾患
保田 晋助(Yasuda Shinsuke)北海道大学大学院医学研究科 免疫・代謝内科学

シンポジウム9

日時: 2017年4月21日 (金) 8:45 - 11:15

会場: 第5会場 「福岡国際会議場 多目的ホール201+202」

S9

自己免疫疾患の発症機序

座長
藤尾 圭志(Fujio Keishi) 東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科
荒瀬  尚(Arase Hisashi) 大阪大学・微生物病研究所・免疫化学分野
演者
S9-1 ネオセルフ化自己抗原による新たな自己免疫疾患発症機構
荒瀬  尚(Arase Hisashi)大阪大学微生物病研究所 免疫化学分野/大阪大学免疫学フロンティア研究センター 免疫化学
S9-2 血管炎におけるセマフォリンの病的意義
熊ノ郷 淳(Kumanogoh Atsushi)他 大阪大学大学院 医学系研究科 呼吸器免疫内科学講座
S9-3 関節炎における好中球遊走と滑膜炎症のリンク-TIARPを介した制御機構-
松本  功(Matsumoto Isao)筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
S9-4 単一細胞解析による関節リウマチの病態を担う線維芽細胞サブセットの同定
溝口 史高(Mizoguchi Fumitaka)他 東京医科歯科大学大学院 膠原病・リウマチ内科学/Division of Rheumatology, Immunology, and Allergy, Brigham and Women's Hospital, Harvard Medical School, Boston, USA
S9-5 腸内細菌と自己免疫疾患の発症機序
竹田  潔(Takeda Kiyoshi)他 大阪大学大学院医学系研究科 免疫制御学
S9-6 自己免疫疾患のリンパ球解析による発症機序解析
藤尾 圭志(Fujio Keishi)他 東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科

シンポジウム10

日時: 2017年4月21日 (金) 8:45 - 11:15

会場: 第6会場 「福岡国際会議場 203+204」

S10

診療科連携による脊椎関節炎のマネージメント

座長
冨田 哲也(Tomita Tetsuya) 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学
田村 直人(Tamura Naoto) 順天堂大学医学部 膠原病内科
演者
S10-1 全身性疾患としての脊椎関節炎
田村 直人(Tamura Naoto)他 順天堂大学医学部 膠原病内科
S10-2 乾癬性関節炎―乾癬の皮膚症状と鑑別すべき皮膚疾患
東山 眞里(Higashiyama Mari)公益財団法人日本生命済生会付属日生病院 皮膚科
S10-3 ぶどう膜炎の診断と治療
水木 信久(Mizuki Nobuhisa)横浜市立大学医学部 眼科
S10-4 本邦における炎症性腸疾患関連関節炎調査
冨田 哲也(Tomita Tetsuya)他 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学講座
S10-5 扁桃を病巣とした皮膚・骨関節疾患の臨床と病態
原渕 保明(Harabuchi Yasuaki)旭川医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
S10-6 脊椎関節炎でみられる炎症性背部痛
門野 夕峰(Kadono Yuho)他 埼玉医科大学 整形外科

シンポジウム11

日時: 2017年4月21日 (金) 15:10 - 17:10

会場: 第1会場 「サンパレス 大ホール」

S11

血管炎の病態と治療

座長
尾崎 承一(Ozaki Shoichi) 聖マリアンナ医科大学 リウマチ・膠原病・アレルギー内科
山岡 邦宏(Yamaoka Kunihiro) 慶應義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科
演者
S11-1 ANCA関連血管炎に関する多施設共同前向きコホート研究:RemIT-JAV
佐田 憲映(Sada Ken-ei)厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班/岡山大学大学院・医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学
S11-2 ANCA関連血管炎の遺伝学的解析
土屋 尚之(Tsuchiya Naoyuki)筑波大学医学医療系 分子遺伝疫学研究室
S11-3 血管炎の国際疫学~ANCA関連血管炎を中心に~
藤元 昭一(Fujimoto Shouichi)他 宮崎大学医学部 医学科 血液・血管先端医療学講座
S11-4 高安動脈炎の遺伝学的病因と治療応用
吉藤  元(Yoshifuji Hajime)京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学

Symposium 12

Date: April 21, 2017 15:50 - 18:20

Venue: Room2 「SUNPALACE RoomA+B」

S12

Perspective of rheumatology in 2027: What shall we do now?

Chair
Yoshiya Tanaka University of Occuupational and Environmental Health
Gerd Burmester University Medicine Berlin
Speaker
S12-1 Rheumatology – to a brighter future in the next decade?
Iain McInnes ARUK Professor of Rheumatology, Muirhead Professor of Medicine, University of Glasgow, UK
S12-2 New molecule
Arthur Kavanaugh University of California, San Diego, USA
S12-3 Novel strategies in the treatment of rheumatoid arthritis
Gerd Burmester University Medicine Berlin, Germany
S12-4 From Japanese experiences with advanced aging
Tsutomu Takeuchi Division of Rheumatology, Keio University School of Medicine, Japan

シンポジウム13

日時: 2017年4月21日 (金) 15:10 - 17:10

会場: 第5会場 「福岡国際会議場 多目的ホール201+202」

S13

膠原病の分類と重複を再考する

座長
亀田 秀人(Kameda Hideto) 東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野
小林 浩子(Kobayashi Hiroko) 福島県立医科大学 消化器・リウマチ膠原病内科学講座
演者
S13-1 関節リウマチの分類基準を再考する
川畑 仁人(Kawahata Kimito)東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科
S13-2 全身性エリテマトーデスの分類基準
奥  健志(Oku Kenji)北海道大学病院内科II
S13-3 全身性強皮症の分類基準
小林 浩子(Kobayashi Hiroko)他 福島県立医科大学 リウマチ膠原病内科学講座
S13-4 混合性結合組織病の診断基準
深谷 修作(Fukaya Shusaku)他 藤田保健衛生大学 リウマチ・感染症内科

シンポジウム14

日時: 2017年4月21日 (金) 16:20 - 18:20

会場: 第6会場 「福岡国際会議場 203+204」

S14

リウマチ足変形を考える ー内科的側面から外科的治療までー

座長
田中 康仁(Tanaka Yasuhito) 奈良県立医科大学付属病院リウマチセンター 整形外科
伊藤  宣(Ito Hiromu) 京都大学大学院医学研究科 整形外科
演者
S14-1 Tight control下における関節リウマチ前足部変形の変化
原  良太(Hara Ryota)他 奈良県立医科大学 リウマチセンター
S14-2 足関節腫脹の全身への影響 ―NinJaから見えるもの―
島田 浩太(Shimada Kota)他 東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科
S14-3 関節リウマチにおける足関節の関節超音波が教えること
豊田 行健(Toyota Yukihiro)他 横浜市立大学大学院 幹細胞免疫制御内科学/中外製薬株式会社
S14-4 RA前足部変形の保存治療と外科的治療  —重症度分類に基づいた治療法の選択—
矢野紘一郎(Yano Koichiro)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 整形外科
S14-5 後足部変形の保存的治療と外科的治療
平尾  眞(Hirao Makoto)他 大阪大学医学部 整形外科

シンポジウム15

日時: 2017年4月22日 (土) 8:30 - 10:30

会場: 第1会場 「サンパレス 大ホール」

S15

膠原病・リウマチ性疾患の診療ガイドライン

座長
山中  寿(Yamanaka Hisashi) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リウマチ膠原病内科
川人  豊(Kawahito Yutaka) 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学
演者
S15-1 抗好中球細胞質抗体関連血管炎診療ガイドライン
針谷 正祥(Harigai Masayoshi)他 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
S15-2 成人スチル病診療ガイドライン
三村 俊英(Mimura Toshihide)埼玉医科大学病院 リウマチ膠原病科
S15-3 多発性筋炎・皮膚筋炎診療ガイドライン
上阪  等(Kohsaka Hitoshi)東京医科歯科大学大学院 膠原病・リウマチ内科
S15-4 SLEのガイドライン
渥美 達也(Atsumi Tatsuya)北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
S15-5 シェーグレン症候群の診療ガイドライン
住田 孝之(Sumida Takayuki)筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
S15-6 関節リウマチ診療ガイドラインJCR2014に基づく一般医向け診療ガイドラインの作成
山中  寿(Yamanaka Hisashi)他 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リウマチ膠原病内科

シンポジウム16

日時: 2017年4月22日 (土) 8:30 - 10:30

会場: 第5会場 「福岡国際会議場 多目的ホール201+202」

S16

思春期から若年成人における全身性エリテマトーデスの治療と管理

座長
伊藤 秀一(Ito Shuichi) 横浜市立大学大学院 医学研究科 発生成育小児医療学
後藤美賀子(Goto Mikako) 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター
演者
S16-1 小児・思春期のSLEの治療・管理
伊藤 秀一(Ito Shuichi)横浜市立大学大学院医学研究科 発生成育小児医療学
S16-2 移行医療の現状と課題
石崎 優子(Ishizaki Yuko)関西医科大学 医学部 小児科
S16-3 妊娠前から妊娠中のSLEの治療・管理
金子佳代子(Kaneko Kayoko)国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター母性内科(膠原病内科)
S16-4 全身性エリテマトーデスの治療と妊娠・授乳
後藤美賀子(Goto Mikako)他 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター

シンポジウム17

日時: 2017年4月22日 (土) 8:30 - 10:30

会場: 第6会場 「福岡国際会議場 203+204」

S17

RAの骨破壊機序の解明up-date

座長
田中  栄(Tanaka Sakae) 東京大学大学院医学系研究科整形外科学
高柳  広(Takayanagi Hiroshi) 東京大学大学院医学系研究科 免疫学
演者
S17-1 RA軟骨破壊の機序とその克服
山形  薫(Yamagata Kaoru)他 産業医科大学 第1内科
S17-2 関節リウマチ 骨破壊のメカニズム
小竹  茂(Kotake Shigeru)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター  膠原病リウマチ内科
S17-3 適応免疫系とRA骨破壊
小松 紀子(Komatsu Noriko)東京大学大学院 医学系研究科 免疫学
S17-4 RA の骨破壊とイメージング
石井  優(Ishii Masaru)大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科 免疫細胞生物学教室
S17-5 変形性関節症の軟骨変性機序
齋藤  琢(Saito Taku)東京大学大学院医学系研究科整形外科学

シンポジウム18

日時: 2017年4月22日 (土) 14:50 - 17:20

会場: 第1会場 「サンパレス 大ホール」

S18

リウマチ性疾患に合併する感染症の対策と克服

座長
中島亜矢子(Nakajima Ayako) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 膠原病リウマチ内科
土橋 浩章(Dobashi Hiroaki) 香川大学医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科
演者
S18-1 リウマチ性疾患における感染症の現状と課題
中島亜矢子(Nakajima Ayako)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 膠原病リウマチ内科
S18-2 リウマチ性疾患に合併する呼吸器感染症の予防と対策
武内  徹(Takeuchi Tohru)他 大阪医科大学附属病院 内科学(Ⅳ)
S18-3 非結核性抗酸菌症を併発した関節リウマチの生物学的製剤治療 ~関節外病変としての気道病変の重要性~
坂野 章吾(Banno Shogo)愛知医科大学 腎臓・リウマチ膠原病内科
S18-4 手術部位感染症とDMARDsの管理
那須 義久(Nasu Yoshihisa)他 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 運動器医療材料開発講座
S18-5 免疫抑制療法下におけるウイルス再活性化
土橋 浩章(Dobashi Hiroaki)他 香川大学医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科
S18-6 膠原病における感染症マネージメント
鈴木 克典(Suzuki Katsunori)産業医科大学病院 感染制御部

Symposium 19

Date: April 22, 2017 14:50 - 17:20

Venue: Room2 「SUMPALACE RoomA+B」

S19

Emerging paradigm shift in systemic lupus erythematosus (SLE)

Chair
Hideto Kameda Division of Rheumatology, Department of Medicine, Toho University (Ohashi Medical Center)
Nan Shen Shanghai Institute Rheumatology, Renji Hospital, Shanghai Jiao Tong University School of Medicine, China
Speaker
S19-1 New insights into the pathogenesis of systemic lupus erythematosus : Finding novel players and therapeutic targets
Nan Shen Shanghai Institute Rheumatology, Renji Hospital, Shanghai Jiao Tong University School of Medicine, China
S19-2 Clinical practice and management of systemic lupus erythematosus in Japan
Tatsuya Atsumi Department of Rheumatology, Endocrinology and Nephrology, Faculty of Medicine, Hokkaido University, Japan
S19-3 Update on the therapy of lupus nephritis
Chi-Chiu Mok Department of Medicine, Tuen Mun Hospital, Hong Kong
S19-4 Upcoming treatment of SLE
Yoshiya Tanaka The First Department of Internal Medicine, School of Medicine University of Occupational & Environmental Health, Japan

シンポジウム20

日時: 2017年4月22日 (土) 14:50 - 17:20

会場: 第5会場 「福岡国際会議場 多目的ホール201+202」

S20

関節リウマチ手術の現在の適応と満足度を考える(整形・内科・リハビリそれぞれの立場から)

座長
石川  肇(Ishikawa Hajime) 新潟県立リウマチセンター リウマチ科
齋藤 知行(Saito Tomoyuki) 横浜市立大学大学院医学研究科 運動器病態学
演者
S20-1 チーム医療におけるリウマチ手の手術適応~整形外科医の立場から~
中川 夏子(Nakagawa Natsuko)兵庫県立加古川医療センター 整形外科・リウマチ科
S20-2 内科医からみた薬物療法と手術療法のコンビネーション
伊藤  聡(Ito Satoshi)新潟県立リウマチセンター リウマチ科
S20-3 チーム医療とリウマチ足の手術適応
大島 至郎(Ohshima Shiro)国立病院機構 大阪南医療センター 臨床研究部/リウマチ・膠原病・アレルギー科
S20-4 RA膝・股関節手術の適応の変化
持田 勇一(Mochida Yuichi)他 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ・膠原病センター
S20-5 内科医からみたRA手術の適応と術後の満足度
峯岸  薫(Minegishi Kaoru)横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター
S20-6 リウマチ手術の満足度向上に向けてリハビリテーションができること
三浦 靖史(Miura Yasushi)他 神戸大学大学院保健学研究科 リハビリテーション科学領域/神戸大学大学院医学研究科 整形外科

シンポジウム21

日時: 2017年4月22日 (土) 15:15 - 17:15

会場: 第13会場 「福岡国際会議場 501」

S21

関節リウマチ診療における患者立脚型評価

座長
金子 祐子(Kaneko Yuko) 慶應義塾大学病院 リウマチ内科
小嶋 俊久(Kojima Toshihisa) 名古屋大学医学部 整形外科
演者
S21-1 RA治療で求められる患者立脚型評価とは
小嶋 雅代(Kojima Masayo)名古屋市立大学大学院医学研究科 医学医療教育学分野
S21-2 関節リウマチ診療における患者全般評価
蔭山 豪一(Kageyama Goichi)他 兵庫県立尼崎総合医療センター 膠原病リウマチ内科/神戸大学医学部附属病院 膠原病リウマチ内科
S21-3 関節リウマチ患者のQoL評価
横川 直人(Yokogawa Naoto)東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科
S21-4 関節リウマチ患者の満足度評価
中原 英子(Nakahara Hideko)NTT西日本大阪病院 アレルギーリウマチ膠原病内科/NTT西日本関西健康管理センタ
S21-5 RA患者の身体機能評価と患者立脚型評価
渡部 達生(Watanabe Tatsuo)他 名古屋大学大学院医学系研究科 整形外科
S21-6 患者立脚型評価からみたRA手術の有用性
堀田 昌宏(Horita Masahiro)他 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 生体機能再生・再建学講座 整形外科