第61回日本リウマチ学会総会・学術集会

 共催セミナー

更新日 2017年3月22日

※ランチョンセミナー=LS、イブニングセミナー=ES
=English Speaker /Session

4/20(木)

4/21(金)

4/22(土)

=日整会単位取得講演

ランチョンセミナー1

日時: 2017年4月20日(木)12:20-13:20

会場:福岡サンパレス パレスルーム

LS1

Reconsider about PsA from IL-17 side

座長
渥美 達也(Atsumi Tatsuya) 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
演者
LS1-1 乾癬性関節炎の診療に求められること ~多彩な症状を見逃さないために~
門野 夕峰(Kadono Yuho)埼玉医科大学病院 整形外科・脊椎外科
LS1-2 Latest Therapies for the management of Psoriatic arthritis
- focus on IL-17A inhibitors (secukinumab)

Philip J. Mease University of Washington School of Medicine; Rheumatology Research, Swedish-Providence Medical System, USA
共催

ノバルティス ファーマ株式会社

ランチョンセミナー2

日時: 2017年4月20日(木)12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 203+204

LS2

患者視点に立ったRA治療 ~RA治療最適化を考える~

座長
杉山 英二(Sugiyama Eiji) 広島大学病院リウマチ・膠原病科
演者
LS2-1 EULAR Recommendation2016とSURPRISE studyからトシリズマブによる治療戦略を考える
金子 祐子(Kaneko Yuko)慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
LS2-2 コホート研究から考えるトシリズマブの特徴と可能性
橋本  求(Hashimoto Motomu)京都大学医学部附属病院 リウマチセンター
共催

中外製薬株式会社

ランチョンセミナー3

日時: 2017年4月20日(木)12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 メインホール

座長
金物 壽久(Kanamono Toshihisa) 長野保健医療大学
演者
LS3 関節リウマチにおける骨粗鬆症マネジメント
田中  栄(Tanaka Sakae)東京大学大学院医学系研究科 整形外科学
共催

第一三共株式会社

ランチョンセミナー4

日時: 2017年4月20日(木)12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 401+402+403

Chair
Yoshiya Tanaka The First Dept. of Internal Medicine, University of Occupational & Environmental Health
Speaker
LS4 Evidence based discussion in RA and SpA – what we need to figure out next?
Arthur Kavanaugh Univrsity of California, School of Medicine, USA
Sponsor

AbbVie GK/Eisai Co., Ltd.

ランチョンセミナー5

日時: 2017年4月20日(木)12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 404+405+406

座長
加藤 誠也(Kato Seiya) 結核予防会結核研究所
演者
LS5 免疫抑制宿主における潜在性結核感染症の診断 ~インターフェロンγ 遊離試験の役割~
猪狩 英俊(Igari Hidetoshi)千葉大学医学部附属病院 感染制御部
共催

株式会社キアゲン

ランチョンセミナー6

日時: 2017年4月20日(木) 12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 409+410

座長
山田 秀裕(Yamada Hidehiro) 聖隷横浜病院 リウマチ・膠原病センター
演者
LS6 循環器医からみたCTD-PAHの治療
波多野 将(Hatano Masaru)東京大学医学部附属病院 重症心不全治療開発講座
共催

バイエル薬品株式会社

ランチョンセミナー7

日時: 2017年4月20日(木) 12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 411+412

座長
田村 直人(Tamura Naoto) 順天堂大学医学部 膠原病内科
演者
LS7 関節エコーによるリウマチ診療の最適化
池田  啓(Ikeda Kei)千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科
共催

ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー8

日時: 2017年4月20日(木) 12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 413+414

LS8

Beyond the Remission

座長
山中 寿(Yamanaka Hisashi) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リウマチ膠原病内科
演者
LS8-1 関節リウマチにおける早期寛解導入の重要性 ~炎症記憶は滑膜を治療抵抗性にする~
中野 和久(Nakano Kazuhisa)産業医科大学第1内科学講座
LS8-2 寛解達成後の治療戦略
平田信太郎(Hirata Shintaro)広島大学病院 リウマチ・膠原病科
共催

ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー9

日時: 2017年4月20日(木) 12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 501

LS9

これからの関節リウマチ薬物療法の方向性

座長
針谷 正祥(Harigai Masayoshi) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門
演者
LS9-1 80歳以上の高齢RA患者の薬物療法について考える
金子 敦史(Kaneko Atsushi)独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 整形外科リウマチ科
LS9-2 テーラーメイド治療を考える
佐川  昭(Sagawa Akira)佐川昭リウマチクリニック
共催

あゆみ製薬株式会社

ランチョンセミナー10

日時: 2017年4月20日(木) 12:20-13:20

会場: 福岡国際会議場 502+503

座長
石黒 直樹(Ishiguro Naoki) 名古屋大学医学部整形外科
演者
LS10 関節リウマチにおけるイグラチモドの役割
鈴木 康夫(Suzuki Yasuo)東海大学医学部内科学系リウマチ内科学
共催

大正富山医薬品株式会社/富山化学工業株式会社

ランチョンセミナー11

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡サンパレス パレスルーム

LS11

関節リウマチ治療におけるT細胞制御療法の有用性

座長
山中  寿(Yamanaka Hisashi) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
演者
LS11-1 これから10年の関節リウマチ治療
久保 智史(Kubo Satoshi)産業医科大学医学部 第1内科学講座
LS11-2 最適化した関節リウマチ治療戦略とその実践 -有効性と安全性とのバランスを踏まえて-
川人  豊(Kawahito Yutaka)京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学
共催

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

Luncheon Seminar 12

日時: 2017年 4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 201+202

Chair
Kazuhiko Yamamoto Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
Speaker
LS12 The changing landscape of biosimilars in rheumatology
Tore K. Kvien Department of Rheumatology, Diakonhjemmet Hospital, Oslo, Norway/University of Oslo, Norway
Sponsor

Nippon Kayaku Co.,Ltd.

ランチョンセミナー13

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 203+204

座長
宗圓  聰(Soen Satoshi) 近畿大学医学部奈良病院 整形外科・リウマチ科
演者
LS13 長期持続型ビスホスホネートによる骨粗鬆症治療戦略
田中  栄(Tanaka Sakae)東京大学医学部 整形外科
共催

旭化成ファーマ株式会社

ランチョンセミナー14

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 メインホール

座長
小池 隆夫(Koike Takao) NTT東日本札幌病院 リウマチ膠原病内科
演者
LS14 今後のリウマチ治療薬の展望
田中 良哉(Tanaka Yoshiya)産業医科大学 医学部 第1内科学講座
共催

日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー15

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 401+402+403

座長
岡田 正人(Okada Masato) 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
演者
LS15 肺高血圧症治療が変わる ~セレキシパグの可能性を踏まえて~
木下 秀之(Kinoshita Hideyuki)京都大学大学院医学研究科 地域医療システム学講座
共催

日本新薬株式会社

ランチョンセミナー16

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 404+405+406

座長
住田 孝之(Sumida Takayuki) 筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチアレルギー)
演者
LS16 シェーグレン症候群のニューウェーブ2017 -診療ガイドラインを生かした有機的な診療を目指す-
佐野  統(Sano Hajime)兵庫医科大学 内科学講座 リウマチ・膠原病科
共催

キッセイ薬品工業株式会社

ランチョンセミナー17

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 409+410

LS17

ループス腎炎治療のトレンド

座長
野島 美久(Nojima Yoshihisa) 前橋赤十字病院 腎臓内科
演者
LS17-1 ループス腎炎の治療目標と管理
渥美 達也(Atsumi Tatsuya)北海道大学大学院医学研究科 免疫・代謝内科学分野
LS17-2 ループス腎炎の今後の治療の方向性
石井 智徳(Ishii Tomonori)東北大学病院 臨床研究推進センター
共催

アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー18

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 411+412

LS18

最新の乾癬性関節炎治療とは

座長
冨田 哲也(Tomita Tetsuya) 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学
演者
LS18-1 PsAの病態を考える -付着部炎とIL-17の関わり-
後藤 仁志(Goto Hitoshi)大阪市立総合医療センター 総合診療科
LS18-2 皮膚科医からみた乾癬性関節炎の臨床像と生物学的製剤の治療効果
今福 信一(Imafuku Shinichi)福岡大学医学部 皮膚科学教室
共催

日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー19

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 413+414

座長
齋藤 知行(Saito Tomoyuki) 横浜市立大学 医学部 整形外科
演者
LS19 炎症沈静化後のリウマチ治療-疼痛・変形・心理
西田圭一郎(Nishida Keiichiro)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
共催

ファイザー株式会社/エーザイ株式会社

ランチョンセミナー20

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 501

LS20

関節RAの今後を考える~関節RAと高齢化~

座長
三森 経世(Mimori Tsuneyo) 京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学
演者
LS20-1 NinJaでみる関節リウマチ患者高齢化の実態と問題点
松井 利浩(Matsui Toshihiro)東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生涯免疫難病学講座
LS20-2 高齢関節リウマチの治療最適化
杉原 毅彦(Sugihara Takahiko)東京都健康長寿医療センター 膠原病・リウマチ科
共催

中外製薬株式会社

ランチョンセミナー21

日時: 2017年4月21日(金) 11:45-12:45

会場: 福岡国際会議場 502+503

座長
川口 鎮司(Kawaguchi Yasushi) 東京女子医科大学 リウマチ科
演者
LS21 膠原病性肺高血圧の生命予後改善のために -我々リウマチ医ができること-
桑名 正隆(Kuwana Masataka)日本医科大学 アレルギー膠原病内科
共催

ファイザー株式会社

ランチョンセミナー22

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡サンパレス パレスルーム

座長
竹内  勤(Takeuchi Tsutomu) 慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
演者
LS22 トファシチニブによりRA診療の何が変わるか?
山中  寿(Yamanaka Hisashi)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
共催

ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー23

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 201+202

座長
天野 宏一(Koichi Amano) 埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科
演者
LS23 患者因子を考慮した関節リウマチ治療の最適化
藤井 隆夫(Fujii Takao)和歌山県立医科大学 リウマチ・膠原病科学講座
共催

ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

ランチョンセミナー24

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 203+204

座長
宗圓  聰(Soen Satoshi) 近畿大学医学部奈良病院 整形外科・リウマチ科
演者
LS24 リウマチ疾患における痛みのケア
門野 夕峰(Kadono Yuho)埼玉医科大学 整形外科
共催

アステラス製薬株式会社/ファイザー株式会社

ランチョンセミナー25

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 メインホール

座長
田中 真生(Tanaka Masao) 京都大学医学部附属病院 リウマチセンター
演者
LS25 全身性硬化症(強皮症)に伴う肺動脈性肺高血圧症の病態メカニズムと治療
吉藤  元(Yoshifuji Hajime)京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学
共催

グラクソ・スミスクライン株式会社

ランチョンセミナー26

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 401+402+403

座長
坂野 章吾(Banno Shogo) 愛知医科大学 腎臓・リウマチ膠原病内科
演者
LS26 関節リウマチ治療における感染症マネジメント
岩橋 充啓(Iwahashi Mitsuhiro)東広島記念病院 リウマチ・膠原病センター
共催

オックスフォード・イムノテック株式会社

ランチョンセミナー27

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 404+405+406

LS27

リウマチ診療における最新の超音波画像診断技術

座長
大野  滋(Ohno Shigeru) 横浜市立大学附属 市民総合医療センター リウマチ膠原病センター
演者
LS27-1 高解像度超音波画像によるRA診療up-to date ~Probeが導く驚異的名答とエビデンスの数々~
三崎 健太(Misaki Kenta)北播磨総合医療センター リウマチ・膠原病内科
LS27-2 エキスパートから学ぶRA画像診断の今と未来への展望
成田 明宏(Narita Akihiro)北海道内科リウマチ科病院 検査放射線課
共催

東芝メディカルシステムズ株式会社

ランチョンセミナー28

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 409+410

座長
三森 経世(Mimori Tsuneyo) 京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学
演者
LS28 多発性筋炎・皮膚筋炎に合併する間質性肺炎治療の実際
桑名 正隆(Kuwana Masataka)日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野
共催

アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー29

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 411+412

座長
住田 孝之(Sumida Takayuki) 筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチアレルギー)
演者
LS29 B型肝炎 ~免疫抑制療法・化学療法による再活性化と重症化
持田  智(Mochida Satoshi)埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科
共催

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

ランチョンセミナー30

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 413+414

LS30

脊椎関節炎と眼炎症

座長
谷口 敦夫(Taniguchi Atsuo) 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
演者
LS30-1 脊椎関節炎の疾患概念と関節・関節外症状
亀田 秀人(Kameda Hideto)東邦大学医学部 内科学講座膠原病学分野(医療センター大橋病院)
LS30-2 関節炎と眼
大野 重昭(Ohno Shigeaki)社会医療法人社団愛心館愛心メモリアル病院眼科/北海道大学大学院医学研究科眼科学分野
共催

アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

ランチョンセミナー31

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 501

座長
村島 温子(Murashima Atsuko) 国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター
演者
LS31 全身性エリテマトーデスの治療戦略~過去・今・未来
横川 直人(Yokogawa Naoto)東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科
共催

サノフィ株式会社

ランチョンセミナー32

日時: 2017年4月22日(土) 11:50-12:50

会場: 福岡国際会議場 502+503

LS32

整形外科医のRA治療 ~薬物治療と手術の再考~

座長
松野 博明(Matsuno Hiroaki) 松野リウマチ整形外科/東京医科大学
演者
LS32-1 今日のRA治療における手術の役割
猪狩 勝則(Ikari Katsunori)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
LS32-2 実臨床におけるRA薬物治療 IL-6阻害を中心に
中島 康晴(Nakashima Yasuharu)九州大学大学院医学研究院 整形外科
共催

中外製薬株式会社

イブニングセミナー1

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡サンパレス 平安+末広

ES1

脊椎関節炎ベーシックセミナー2017

座長
小林 茂人(Kobayashi Shigeto) 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 内科
冨田 哲也(Tomita Tetsuya) 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学
演者
ES1-1 乾癬性関節炎のトピックス
岸本 暢将(Kishimoto Mitsumasa)聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
ES1-2 脊椎関節炎の画像診断
杉本 英治(Sugimoto Hideharu)自治医科大学医学部放射線医学講座
ES1-3 広がる局面型乾癬と乾癬性関節炎の治療
森田 明理(Morita Akimichi)名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学

イブニングセミナー2

日時: 2017年4月20日(木)17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 201+202

ES2

関節リウマチの治療戦略と自己抗体

座長
桑名 正隆(Kuwana Masataka) 日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野
演者
ES2-1 実臨床下におけるアバタセプトの効果と安全性 Tsurumai Biologics Communication Registryの結果より
高橋 伸典(Takahashi Nobunori)名古屋大学医学部附属病院 整形外科
ES2-2 関節リウマチの遺伝免疫学的病態に対するアバタセプトの作用を考える
藤尾 圭志(Fujio Keishi)東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ学
共催

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

イブニングセミナー3

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 203+204

ES3

これからの時代に求められるリウマチ治療

座長
石黒 直樹(Ishiguro Naoki) 名古屋大学医学部整形外科
演者
ES3-1 Benefit of multi-target therapy
山岡 邦宏(Yamaoka Kunihiro)慶應義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科
ES3-2 Beyond treat to target - patient satisfaction and QOL
Peter C. Taylor University of Oxford, UK
共催

日本イーライリリー株式会社

イブニングセミナー4

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 メインホール

ES4

関節リウマチにおけるShared Decision Making (EULAR recommendationsを紐解く)

座長
廣畑 俊成(Hirohata Shunsei) 北里大学病院 膠原病・感染内科
演者
ES4-1 RA治療におけるOverarching Principle
岡田 正人(Okada Masato)聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
ES4-2 実臨床におけるT2Tの実践
日髙 利彦(Hidaka Toshihiko)医療法人社団善仁会 市民の森病院 膠原病・リウマチセンター
ES4-3 実臨床におけるShared Decision Making について
金子 祐子(Kaneko Yuko)慶應義塾大学病院 リウマチ内科
共催

サノフィ株式会社

イブニングセミナー5

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 409+410

ES5

覚えておきたい不明熱の鑑別と自己炎症性疾患の治療最前線

座長
武井 修治(Takei Syuji) 鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科
演者
ES5-1 覚えておきたい不明熱の鑑別
鈴木 富雄(Suzuki Tomio)大阪医科大学 地域総合医療科学寄附講座
ES5-2 自己炎症性疾患 病態と治療 ~PFSを中心に~
西小森隆太(Nishikomori Ryuta)京都大学大学院医学研究科 発達小児科学
共催

ノバルティス ファーマ株式会社

イブニングセミナー6

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 411+412

ES6

RAの治療目標を考える

座長
住田 孝之(Sumida Takayuki) 筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)
演者
ES6-1 超音波所見によるタイトコントロールは関節リウマチの診療アウトカムを向上させるか?
池田  啓(Ikeda Kei)千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科
ES6-2 RAにおける大関節破壊と進行阻止を目指した治療戦略
松下  功(Matsushita Isao)富山大学附属病院 整形外科・リハビリテーション部
共催

田辺三菱製薬株式会社

イブニングセミナー7

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 413+414

ES7

TNF阻害薬の実力 ~新たなエビデンスで示す、RA患者さんの真の寛解~

座長
田中  栄(Tanaka Sakae) 東京大学大学院医学系研究科整形外科学
藤井 隆夫(Fujii Takao) 和歌山県立医科大学 リウマチ・膠原病科学講座
演者
ES7-1 How Imaging can be used for managing clinical remission: The real value of remission for patients
Paul Emery Leeds Institute of Rheumatic & Musculoskeletal Medicine, University of Leeds, UK
ES7-2 患者視点と医療経済視点から労働生産性の意義を考える ~本邦初の大規模エビデンスが持つ価値(特定使用成績調査の結果を受けて)~
田中 榮一(Tanaka Eiichi)東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
ES7-3 早期治療介入により得られるベネフィット“Treatment Holiday” ~蓄積されたエビデンスがもたらす価値~
平田信太郎(Hirata Shintaro)広島大学病院 リウマチ・膠原病科
共催

アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

イブニングセミナー8

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 501

ES8

RA治療における世界の潮流、日本の潮流

座長
山本 一彦(Yamamoto Kazuhiko) 東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ学
髙崎 芳成(Takasaki Yoshinari) 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
演者
ES8-1 2016 Updated EULAR RA Management Recommendations in a Global Perspective
Josef Smolen Division of Rheumatology, Department of Medicine III, Medical University of Vienna, Austria
ES8-2 The perspective of Japanese RA treatment considering 2016 EULAR Updated Recommendation
竹内  勤(Takeuchi Tsutomu)慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
共催

中外製薬株式会社

イブニングセミナー9

日時: 2017年4月20日(木) 17:00-18:30

会場: 福岡国際会議場 502+503

ES9

Matrix metalloproteinase 3 (MMP-3)測定を活用したbDMARD使用の工夫

座長
塩沢 俊一(Shiozawa Shunichi) 九州大学病院 共同研究部門 リウマチ膠原病内科
演者
ES9-1 関節リウマチ患者(RA)のためのbDMARDsの使用とMMP-3測定の意義
伊藤  聡(Ito Satoshi)新潟県立リウマチセンター
ES9-2 関節リウマチにおける最適なセカンドバイオ選択を考える
齋藤 和義(Saito Kazuyoshi)産業医科大学医学部第一内科学講座
共催

積水メディカル株式会社/協和ファーマケミカル株式会社

イブニングセミナー10

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-19:30

会場: 福岡サンパレス パレスルーム

座長
山本 一彦(Yamamoto Kazuhiko) 東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 アレルギーリウマチ学
演者
ES10 膠原病・リウマチ性疾患におけるIL-6の役割
竹内  勤(Takeuchi Tsutomu)慶應義塾大学医学部 リウマチ内科
共催

ヤンセンファーマ株式会社

イブニングセミナー11

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 201+202

ES11

関節リウマチにおける抗TNF製剤の新たな治療戦略

座長
髙崎 芳成(Takasaki Yoshinari) 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
演者
ES11-1 Consideration of tapering first line anti-TNF therapy in early rheumatoid arthritis
Paul Emery Leeds Institute of Rheumatic & Musculoskeletal Medicine, University of Leeds, UK
ES11-2 Sustained remissionの先を見据えて
田中 良哉(Tanaka Yoshiya)産業医科大学医学部 第1内科学講座
共催

ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

イブニングセミナー12

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 203+204

ES12

ループス腎炎

座長
川合 眞一(Kawai Shinichi) 東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野
演者
ES12-1 ループス腎炎の治療ガイドライン
渥美 達也(Atsumi Tatsuya)北海道大学大学院医学研究科 免疫・代謝内科学分野
ES12-2 ループス腎炎に対する寛解導入・維持療法の実際
森信 暁雄(Morinobu Akio)神戸大学大学院医学研究科 内科学講座 腎臓・免疫内科学分野
ES12-3 ループス腎炎の治療戦略
嶋  良仁(Shima Yoshihito)大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学
共催

中外製薬株式会社

イブニングセミナー13

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 411+412

ES13

生物学的製剤を用いた関節リウマチ治療に対する実地診療におけるクリニカルクエスチョン

座長
近藤 正一(Kondo Masakazu) 近藤リウマチ・整形外科クリニック
當間 重人(Tohma Shigeto) 独立行政法人 国立病院機構相模原病院 臨床研究センター リウマチ性疾患研究部
演者
ES13-1 寛解導入維持における最適な初期治療とは
土橋 浩章(Dobashi Hiroaki)香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科学
ES13-2 寛解維持期における最適な治療戦略
日髙 利彦(Hidaka Toshihiko)医療法人社団善仁会 市民の森病院 膠原病・リウマチセンター
ES13-3 生物学的製剤時代における手術療法の新しい流れ
宮原 寿明(Miyahara Hisaaki)国立病院機構 九州医療センター リウマチ・膠原病センター
ES13-4 関節リウマチ治療における安全性マネジメント
松原  司(Matsubara Tsukasa)松原メイフラワー病院
共催

ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

イブニングセミナー14

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 413+414

ES14

様々な側面を有する乾癬とその治療を紐解く

座長
佐藤 伸一(Sato Shinichi) 東京大学大学院 医学系研究科 皮膚科学
亀田 秀人(Kameda Hideto) 東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野
演者
ES14-1 乾癬性関節炎の診療と治療の実践~ウステキヌマブの可能性
岸本 暢将(Kishimoto Mitsumasa)聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
ES14-2 乾癬の発症機序と治療のupdate
椛島 健治(Kabashima Kenji)京都大学大学院医学研究科 皮膚科学講座
共催

ヤンセンファーマ株式会社

イブニングセミナー15

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 501

ES15

Bio全盛期のRA治療における経口DMARDsの可能性を考える

座長
谷村 一秀(Tanimura Kazuhide) 北海道内科リウマチ科病院
演者
ES15-1 経口DMARDsによるRA治療の新たな展開
岡田 正人(Okada Masato)聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
ES15-2 経口DMARDsをより有効に使うために ~イグラチモドを中心に~
押領司健介(Oryoji Kensuke)松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター
共催

エーザイ株式会社

イブニングセミナー16

日時: 2017年4月21日(金) 18:30-20:00

会場: 福岡国際会議場 502+503

リウマチ手の外科2017 RA手外科治療の実際

開会の挨拶
秋田 鐘弼(Akita Shosuke) 独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター 整形外科・リウマチ科

[アンサーパッドを用いたRA手外科治療に関するフロア参加型症例検討]

症例① 母指の症例

座長
加藤 博之(Kato Hiroyuki) 信州大学医学部 運動機能学教室
演者
石川  肇(Ishikawa Hajime) 新潟県立リウマチセンター
パネリスト
中川 夏子(Nakagawa Natsuko) 兵庫県立加古川医療センター リウマチ科・整形外科

症例② 母指以外の手指の症例

座長
水関 隆也(Mizuzeki Takaya) 広島県立障害者リハビリテーションセンター
演者
西田 圭一郎(Nishida Keiichiro) 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 機能制御学講座 人体構成学分野
パネリスト
池上 博泰(Ikegami Hiroyasu) 東邦大学医学部 整形外科学講座

症例③ 手関節の症例

座長
桃原 茂樹(Momohara Shigeki) 医療法人社団 博恵会/慶應義塾大学
演者
正富  隆(Masatomi Takashi) 行岡病院 整形外科 手の外科センター
パネリスト
小畠 康宣(Kobata Yasunori) 南奈良総合医療センター リウマチ・運動器疾患センター

特別講演

座長
秋田 鐘弼(Akita Shosuke) 独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター 整形外科・リウマチ科

RA手関節に対する新規人工手関節置換術

演者
三浪 明男(Minami Akio) 北海道せき損センター
開会の挨拶
南川 義隆(Minamikawa Yoshitaka) 南川整形外科 Namba Hand Center
共催

中外製薬株式会社